投稿日:

これからの高齢化社会、人手不足も深刻な問題ですが、それぞれの抱える問題に合わせた介護の方法も多様化しなければならないと考えます。

現在リハビリテーション施設で介護福祉士として勤務しています。デイサービスとは違くリハビリメインの職場です。利用者さんの中には違いが分からない方もいて都度説明をしていますが、地域がら入浴メインになっている方が半分位います。

他の病院や、施設より作業療法士や、理学療法士の在籍数が多く、サポートする介護職の全員が有資格者で介護福祉士の免許を持っています。環境は整っているのですが、利用者さんが、リハビリテーションの施設を理解していないために、リハビリの合間の余暇時間の過ごし方がディサービスよりになってしまいレクやカラオケをしたいと言われ毎回困ってしまいます。体操を促してもやる気のない利用者さんにはプリント学習を促していますが、やる気のない方が多くです。誰の為のリハビリなんでしょうか?と思う毎日です。

現在、介護が必要な祖母がいる愛媛の実家と、嫁ぎ先である広島を行き来する生活を送っている29歳の主婦です。
祖母は私の祖父にあたる夫を認知症で3年前に亡くしてから、非常に寂しがりやになりました。
祖父は体は元気だったのですがアルツハイマー、一方で祖母ら脳はハッキリしているのですが歩行が困難な状態です。
また、施設に入っていた祖父を見てきたからか「自分は絶対に施設には入らない!」という強い意志を持っています。
とはいえ、実家で寝たきりの毎日は食べるかTVを見るかという時間なので、鬱屈とした気持ちのはけ口は付きっ切りで介護をする母と、週末手伝う私になるのです。
体は元気だけど認知症で介護が必要だった祖父、脳は元気だけど体が不自由で介護が必要な祖母。
介護が必要という点では同じでも、対応の仕方は様々だと身をもって痛感しています。
これからの高齢化社会、人手不足も深刻な問題ですが、それぞれの抱える問題に合わせた介護の方法も多様化しなければならないと考えます。

 

現在84歳になる母親が要支援1の認定を受けた状態にあり、同居しています。

要支援認定を受けて約5年になりますが、当初よりもだいぶ介助する必要性が減っています。転倒事故による頭部へのダメージで、入院治療を受けて自立歩行のリハビリから始め、半年程度で自立歩行ができるようになりました。リハビリには、本人の意思が必要なことはもちろん、リハビリを行う場所の選定と付き添う人間が重要な要素であり、継続することが重要です。専門的な知識を有する人と患者の安心できる家族が付き添うことで、最も効率的な成果が期待できると体験から感じました。家族が感情的になりがちなリハビリの付き添いには、専門家が的確な判断をしてくれることは、二次的な怪我などの予防にもつながります。約1年程度のリハビリで、母親は現在では最低限の着替えやトイレ、入浴など介助用具は必要とするものの一人ででもこなせるようになっています。

介護靴リハビリシューズの需要。高齢化社会これからの介護。